リップスティックデラックスミニ(リップスター)の体重制限は79kg なので大人も一緒に遊べます

スポンサーリンク

リップスティックデラックスミニ(リップスター)の体重制限は79kg なので大人も一緒に遊べます

こんにちは☆スロットパパさんです。

子供にはゲームばかりではなく外遊びも積極的にしてほしいものですよね。

ただ、外遊びをするにも何かしら熱中して遊べるアイテムが必要ですよね。

うちの子供の友達の中でかなりの割合で持ってるアイテムとしてリップスティックがあります。

長男用に5年前に買っていたんですが、次男もリップスティックに乗れるようになったので「俺のも買って」とねだられていたので交代で遊んでよとちょっと先延ばしになっていました。

子供の日でおばあちゃんへのおねだりで次男用をやっと買ってもらたんですが、かなり喜んで二人で一緒になって連日遊んでいるのでもうちょっと早く買ってあげても良かったなと思います。

今日は子供が自分から

「ゲームするより外で遊びたい!」

となってくれるであろう子供に人気のリップスティックについて紹介させていただきます。

キャスターボード、リップスター、リップスティック、ブレイブボードと色々あるけど何が違う?

結論から言うとリップスティックとブレイブボードは同じものです。

細かく言うとキャスターボード(連結した二枚の板それぞれにキャスター〈車輪〉を一つずつ備える、スケートボードの亜種)というのが一般的な呼び名となっています。

キャスターボードとしてアメリカのRazor USA社が製造しているリップスティックを日本のビタミンiファクトリー社とラングスジャパンが販売しているという形になります。

そしてビタミンiファクトリー社が販売するリップスティックに「ブレイブボード」という名前をつけて売っているということでなんだか複雑な関係になっています。

そして小さいサイズのブレイブボードをリップスターと名前をつけてるので覚えるのが大変だし人によって色々と呼び方が変わりそうなので説明するのも一苦労ですw

小学生の子供に買うならキャスターボードでどの商品がおすすめ?

どのタイプがおすすめ?というのが気になりますよね。

うちは小学校一年生で最初に買ったんですが、きっかけは友達が何人か持っていて長男もちょっと興味を持っていたので対象年齢からすると少し早いのかもしれませんが一年生の時に購入となりました。

そのときに友達が持っていたのがリップスティックデラックスミニでうちもトイザらスで同じものを買いました。

今は長男は高学年になっているんですがリップスティックを持っているのは友達の8割くらいなんじゃないかということで全員がリップスティックデラックスミニを持っています。

やはり普通のリップスティックだと小学生にはちょっと大きいので小学生の子供や孫に買ってあげるならリップスティックデラックスミニが一番のおすすめです。

リップスティックデラックスミニはラングスジャパンが販売しているリップスティックの最年少用モデルで、同じサイズのものがリップスターと名称が付けられたりするのでややこしいですね。

トイザらスやショッピングモールでも見る機会が一番多い気がするので色も豊富にありますし間違いないと思います。

リップスティックデラックスミニの体重制限は79kgなので(だいたいの)大人も遊べます

子供用の遊び道具ではありますがパパやママもちょっと乗ってみたいなって思いますよね?

自分も買うときは

「試しに乗ってみたいけど子供用だと体重制限とかで乗れなかったりするのかな?」

と思い調べてみたところ一番小さいサイズで幼稚園、小学生に最適なサイズのリップスティックデラックスミニの体重制限は79Kgとなっていました。

ということで自分も充分乗れる体重制限だったのでたまに借りて乗っています♪

自分はスケボーとスノボーは普通くらいに乗れるので最初の時で10mくらい乗ることができたので、スノボー経験者ならそんなに苦労せず乗れるんじゃないかなと思います。

乗っている感覚としてはスケボーよりもスノボーに近い感じなのでスノボーやサーフィンの練習にちょうどよいアイテムであるとも言われています。

子供に教える時もネットの乗り方動画とかも見ながら教えたところ、3日目くらいで自分でこげるようになってたのでスケボーよりも早く乗れるようになると思います。

また、個人的な感想ですがスケボーよりかは危ない転びかたになりづらい印象なので見た目はなんとなく不安定ですが怪我の心配も少な目な遊び道具だなという印象です。(長男が5年、次男が一ヶ月乗って遊んでますが擦り傷とかもないですね)

ただ、危ない転びかたをしたら危険なものではあるので少なくとも最初のうちはプロテクターをしっかりしておきましょう

また、自転車用とかでヘルメットを持っていればそれを流用すれば大丈夫ですがヘルメットがない場合は揃えておきたいところです。

プロテクターほど保有率は高くないかもしれませんが、カバーが欲しい場合はこちらの専用カバーなんかを持ってると公園に持って行ったときにかっこよかったり便利だったりしそうですね。

結構広い公園に持っていきたいというケースもちょいちょいあるので車から公園の滑れるスペースまで距離があるときなんかは肩からかけられるケースは重宝しそうです。

まとめ

キャスターボードの中から小学生や幼稚園の子供に選ぶとしたらリップスティックデラックスミニが一番周りでの保有率も高く、性能も十分で頑丈なためおすすめできると思います。

うちのようにおじいちゃん、おばあちゃんにおねだりしてみるのも良いかもしれません。(おねだりする場合は類似品の見分けがつかない可能性があるので、一緒に売り場に行くか商品リンクをメールするとかして間違いがないようにしましょう)

家でゲームばかりになっていると祖父母やおじちゃん、おばちゃんもゲームをプレゼントするのは気が乗らないと思いますが、外遊びで長く使えるこのアイテムならプレゼントする側も快く買ってくれるはずなので色々出費もあるしなぁって悩んでるパパ、ママはおねだり作戦も検討してみましょう♪

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

ではまた(^-^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。