電影少女(ビデオガール)がテレ東深夜枠でドラマ化 ヒロインは誰に? 

スポンサーリンク

電影少女(ビデオガール)がテレ東深夜枠でドラマ化 ヒロイン役の女優は誰に?

昨日YAHOOニュースで電影少女がドラマ化するというニュースがやっていましたね☆

「電影少女」と書いて「ビデオガール」と読める世代っていうと30代後半から40代前半くらいの男性なと・・・ そう、おじさんと呼ばれる世代ですねw

ジャンプ黄金期に育ったその世代にとってビデオガールと言えば少年時代のバイブルとも言える存在でしたよね☆

ドラマのメインターゲットがその世代なのかというとなんとも言えないですが・・・

自分もこのニュースが気になったどんぴしゃ世代なので慣れないドラマネタですが記事にしてみようと思います。

電影少女(ビデオガール)とは

『週刊少年ジャンプ 』(集英社)で1989年51号から1992年31号まで連載した漫画で桂正和先生によるSF恋愛漫画です。

小学生には刺激が強めのちょっぴり(?)え○ちな表現も多い漫画でドキドキしながら読んでた記憶があります( *´艸)

部屋でジャンプを読むのにビデオガールを読むときはビデオガール以外のページに指を挟んでおいて親が不意に入ってきたらバサッとそのページに一気にジャンプするという巧妙な(バレバレな)テクニックを駆使して読んでましたねw

絵が魅力的ってのもありますがストーリーも素晴らしくジャンプ黄金期を支えた記憶に残る名作だと思います☆(ちょっと読み返したくなってきたな~)

放送時期と放送時間帯

放送時期は2018年1月期となり放送時間帯はテレビ東京系列のドラマ24枠(毎週土曜日0:12 – 0:52〈金曜日深夜〉)となるとのことです。

タイトルは『電影少女〜VIDEO GIRL AI 2018〜』でストーリーは、原作から25年後となっていて、弄内洋太の甥である男子高校生・弄内翔(もてうちしょう)が、おじの家の納屋で古いビデオデッキを見つけるところから展開するとのことです。

原作とは違うストーリーということで原作を大事にしたい人にとっては新しい物語として見れるし、共通するキャラクターは天野あい(アイ)のみとなると思うので「イメージと違う!」ってよくある批判が発生する確率も低くなりそうなのでそういった点では良いんじゃないかなと思います。

ヒロイン天野あい役は誰?

やはりヒロインが誰になるか気になる人が多いみたいでいろんな予想がされているようですね。

自分が一番最初にイメージしたのは本田翼さんだったのですが「安藤ロイド」の時のアンドロイドイメージに引っ張られてるのかもしれないですね。

他にはショートカットで元気っ娘というイメージだとNMBの山本彩さんとかもありかと思ったんですがあまりドラマをやってるってイメージがないんで可能性は低いのかと・・・

イメージと雰囲気という点では長澤まさみさんがぴったりかとも思うんですが年齢がもうちょっと若い時だったら適役だったかな。

好きなCMイメージ(どん兵衛)からだと吉岡里帆さんってのもいいなって思うんですがショートカットではないから違うかなと

広瀬すずさんも候補に挙げる人が多そうですが忙しそうだし深夜枠ってなるとちょっと可能性低そうかなと思います。

といった感じで色々と予想はしてみたんですが情報も出てないので続報が出るのを待つしかないですね。

まとめ

最近アニメからドラマだったり映画になる作品が多いですがこの電影少女は久しぶりに期待したい作品なので1月からのドラマで期待に応えて欲しいですね。

最近忘れてしまったあのドキドキを感じることができる作品になってくれることを願います。

ヒロインのアイ役が誰になるかも気になるので続報が出ないかもチェックしておかないとですね☆

では1月のドラマを楽しみに待ちましょう!

ではまた☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする