アウトドア・運動

超高輝度LEDランタンがメインランタンとしてキャンプ初心者に最適 

投稿日:

こんにちは。

昨今のキャンプブームでキャンプに行く人が増えているとよくニュースで見かけるようになりましたね。

我が家では3年前からキャンプに行くようになり基本アイテムはある程度揃えたものの、節約しつつ少しずつ充実させている段階ということで、キャンプ場に行くと周りのキャンパーさんの装備が羨ましく見える状態なので参考にしつつキャンパーレベルを上げて行きたいなという状態です。

今回はキャンプには欠かせないアイテムの一つである超高輝度LEDランタンを実際に使ってかなり役に立ったので、ランタン等について書いていきます。

乾電池式の超高輝度LEDランタンが安全かつ光量も満足

前回のキャンプで周りのテントで一番気になった装備がメインランタンでした。

標高が1500メートルのほたか牧場キャンプ場でフリーサイトだったので、夜の周りのランタンの灯りも良く見える訳です。

近くで見たわけではないのですが、ほとんどのテントのメインランタンは非常に明るい暖色系のオレンジ色のランタンでした。テントサイト全体をしっかりと照らす明かりは夜のテントサイトを充実させるための必須アイテムだと言えます。

それに対して下調べ不十分だった自分がメインランタンのつもりで持っていったLEDランタンは180ルーメンの光量で白色のみのライトでした。

周りのテントと比べると光も暗いし、白色の光なのでなんだか無機質だしで妻からも

「なんか周りと比べても全然違うから次回はランタン追加しよう」

と言われる感じで帰ってからランタンについて色々と調べた訳です。

ネットで調べてみたところ、メインランタンに求められる光量というのは1000ルーメン以上とされており、良く使われるコールマンのガスランタンは約3000ルーメンということで圧倒的な差となります。(そりゃまったく違って見えるわけですね(汗))

長くキャンプをしていくとなると欲しいのがガスランタンで人気のコールマンのガスランタンはこちらになります。

充分な光量で暖かい光に包まれたテントサイトのためにはガスランタンも良いなと思ったのですが、ガスボンベも買っていかないといけないのと、子供も小さいので扱いが心配ということもあってLEDランタンで良いものは無いかな色々と探しました。

結果、購入したのが下の超高輝度LEDランタンでした。

充電式とかUSBも使えるタイプも探してはみたのですが、1000ルーメン以上の高輝度LEDの明るさを実現するには、ぶっとい単1電池3本か4本というものしかなかったのでメインランタン用ということで明るさ重視で選びました。

昼白色だけでなく電球色でも発光させられるのでキャンプ用には電球色対応のLEDランタンが今後は主流になっていくんじゃないかと思います。

実際に次のキャンプで高輝度LEDランタンを使用したところキャンプサイトを十分な光で照らすことができ、メインランタンとして活躍してくれました。

オレンジ色の電球色で光らせると白い昼白色で照らすよりも低いルーメン数とはなってしまうのですが、それでも電球色で十分な光量を確保できたので、満足できる使用感で、妻も

「このLEDランタンもう一個欲しいね」

と家族も満足でした。

LEDランタンなら火を使うこともなく安全なので、小さな子供がいる家庭や初心者キャンパーにおすすめなので、超高輝度の乾電池式LEDランタンを一つは用意しておくことをお勧めします。

充電式のLEDランタンはテーブルランタンやテント内で活躍

最初にキャンプに行った時にメインランタンのつもりで買ったのが下の充電式のLEDランタンでした。

上でも触れたのですが180ルーメンという光量だとテントサイト全体を照らすには物足りなく、周りのガスランタンがうらやましく見えました。

しかし、テーブル用ランタンとしてみれば十分なスペックであるため、今年以降はテーブル用ランタンやテント内での用途で使っていこうと思います。

ランキングでも1位をとっているだけあって、使い勝手や有用性は素晴らしい一品なのでキャンプ用と非常時用に役立ってくれるのがこのランタンだと思います。

ソーラー充電、手回し充電、USB充電、シガーソケット充電、乾電池での使用とどんな状況でも灯りを付けられる安心感はポイント高いですよね。

メインランタン仕様だと単一乾電池3本とかでランタンも重くなるのですが、これなら電池を入れなくても光るし、電池も単4が3本なので重量も気にならないので、テントの中に吊るすのにも使いやすい重さになっています。

USBのバッテリーとしても使えるので、ピンチの時にはスマホへの充電も可能なので停電、災害時などの非常時用としても一台は持っておきたいランタンだと言えるので、このタイプはもっていないという方は是非検討してみてください。

懐中電灯やヘッドライトも夜間のトイレや作業用に複数準備

夜に懐中電灯が必要になるタイミングは様々ですがトイレ、夕飯の片付けで炊事場に行くとき、虫取りに行くとき等が挙げられます。

トイレは特に荷物で手が埋まってしまうってことは無いと思いますが、炊事場に行くときなんかはできるだけ少ない往復回数で住むように両手いっぱいにキッチン道具を持っていく事がよくあると思います。また夜にカブトムシを探してみようとなった時も捕まえたカブトムシ、クワガタを虫かごに入れる時なんかも両手がフリーな方が良いと思います。

そんなときに役立つのがヘッドライトです。

最近は高輝度で明るいヘッドライトが多く出ているので手持ちの懐中電灯も必要ですが、ヘッドライトタイプも一つ入れておくと安心です。

子供も探検するみたいでテンション上がる!ってなると思うので入れておきたいですよね。

また、懐中電灯も様々なスタイルのものがあり、マグネット付きとかだとタープのポールなど金属部分に付けて照明にできたりするので持ち運び用にもテントサイト用にも使えるので便利でした。

【充電式で売上No.1】ヘッドライト 充電式ヘッドライト センサー点灯 電池付属 ヘッドランプ LED 釣り 登山 アウトドア 作業灯 posted with カエレバ楽天市場AmazonYahooショッピング

まとめ

キャンプではメインランタンやテーブルランタン等、目的に応じて適した光量が変わってくるのでそれぞれの目的に合わせた複数の灯りが必要になってきます。

その中でもメインランタンは日が沈んでからの夕食等に十分な光量が必要であり、LEDランタンの中でも1000ルーメン以上の高輝度のものが必要になるので、しっかりとルーメン数をチェックしてから購入してください。

近年充実してきたLEDランタンであれば安全性、使い勝手、コスト等様々なメリットがあるのでキャンプだけでなく非常時にも役立つLEDランタンは欠かせないアイテムになってくると思います。

キャンプではテントサイト用の他に移動時にも小さい懐中電灯やヘッドライトが必要になるので、複数の懐中電灯を準備して夜に不便が無いようにしたいですよね。

自分が実際に使ってるLEDランタン等を紹介してみたので、キャンプ用・非常時用にLEDランタン等検討してみてください。

スポンサーリンク

-アウトドア・運動

Copyright© スロットパパさんのホビールーム , 2021 All Rights Reserved.