関白宣言のアンサーソング「関白失脚」は平成の名曲!

スポンサーリンク

関白宣言のアンサーソング「関白失脚」は平成の名曲!

こんにちは、スロットパパさんです。

さだまさしさんの名曲「関白宣言」は三十歳から上の世代ならほぼ全員聴いたことがあるんじゃないかと思います。

関白宣言は1979年に作曲された曲で亭主関白となることを宣言しつつも不器用な愛情を伝えるという内容で男尊女卑だと当時言われたりもしたようですがこころに沁みる良い曲だと思います。

(今の世の中だとなおさら指摘されそうですね(^_^;))

そんな関白宣言のアンサーソングとなっているのが関白失脚です。

1994年、「関白宣言」のアンサーソングとして「関白失脚」が発表され、同年のアルバム「おもひで泥棒」にも収録されています。

曲の内容はと言うと関白宣言してみたものの、結婚してから数十年まったく違う現実が待っていたという物語となっています。

歌詞の最初のつかみも

「お前を嫁にもらったけれど 言うに言えないことだらけ~」

となっていて世の中の家庭内で立場の弱くなってしまったお父さんは共感できる部分があるのではないかと思います。

ということで知らない方は是非聴いてみてください。

ちなみに単にネタだけで終わる曲ではなく、メッセージソングとしても心に沁みる曲となっているので、できれば最後まで聴いてほしいなと思います。

いかがでしたか?

最後はあたたかい気持ちになれたんではないでしょうか?

この曲は何故か自分が大学の時に知って好きになってたまにカラオケで歌ったりもしてました。

たいてい関白失脚ってなにそれ?となるんですが歌ってみると大爆笑で話題提供にもなると思うので知ってて損はないと思います。

カラオケとは違う場面では飲みの時に流れでこんな曲あるんだよってYouTube見せてあげても良いですね。(宅飲みしてるときに嫁の妹夫婦に見せたら大好評でした♪)

ちなみに元祖の関白宣言を聴きたくなったらこちらをどうぞ☆

まとめ

関白失脚のアンサーソングである関白失脚を紹介させていただきました☆

自分の他のページを見たことがある方なら「あれ、ハードロックじゃない?」と思うかもしれませんがこういう曲も好きだったりするのです。

自分が今までで感動した数少ない曲の一つ、「関白失脚」いかがでしたか?

機会があったら話のネタにしてみてください♪

では、最後まで読んでいただきありがとうございました☆

ではまた(^-^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする