磯遊びに持っていきたい持ち物・注意したい危険生物

スポンサーリンク

磯遊びに持っていきたい持ち物・注意したい危険生物

こんにちは☆スロットパパさんです。

埼玉県は海無し県ということで、たまに海に行くとテンションが上がってしまいます。

遊べる海に行こうとすると千葉、茨城、神奈川、新潟辺りが候補になるのですが、どこに行くにも二時間以上かかるので結構な覚悟がいるのです(汗)

今回海に行く上で色々と調べたので押さえておきたいポイント等を備忘録がてら書いていこうと思います。

磯遊びに持っていきたい持ち物

磯遊びをする上で自分が揃えたアイテムを紹介していきます。

マリンシューズ

磯遊びというと岩場のタイドプール(潮溜まり)で、蟹や小魚等を捕って遊ぶってことになるので、まずは足を怪我しないようにマリンシューズが必要になります。

プールとか砂浜の海水浴だったらクロックス等のサンダルでも支障無いですが、岩場は岩の角だったりフジツボや貝で切ってしまうこともあるので、しっかりと足にフィットして滑り止めもあるマリンシューズで足の怪我を回避しましょう。

マリングローブ

磯遊びで色んな生き物をつかむこともあると思うので手も守るってことでマリングローブも準備しておきたいところです。

自分の場合は前日にドン・キホーテ行った時に買えるだろうと思っていたのですが、マリンシューズは売ってるもののマリングローブは置いてありませんでした。

大きめのスポーツショップとかでないと売っていない可能性もあるのでネットで事前に頼むのが確実かもしれません。

ラッシュガード

ある程度濡れることを予想すると水着にラッシュガードという組み合わせが思い切り遊べますね。

ラッシュガードはプールや川遊びでも使えるので、昨今の強い日差しから体を守るためにも一着持っておきたいところです。

アクアスコープ

磯遊びというとこのメガネを使ってタイドプールの中を見るのも楽しみのひとつですよね。

捕まえる以外にも見て楽しむための道具としてあったら楽しいアイテムです。

蟹釣り用の棒・糸・スルメ

これはめったに他のブログでは紹介されていませんが、個人的にはかなり重要アイテムです。

以前に海浜公園に遊びに行った際に、岩場の隙間に糸を垂らして次から次へと蟹を釣っている子達がいました。

その時は糸もスルメも持っていなかったので、子供達は羨ましそうに蟹を釣り上げるお兄ちゃん達を見るだけでした。

以降、磯遊びをする際は絶対に「棒・糸・スルメ」は準備して行こうと心に誓ったのでした(涙)

魚捕り網

小魚を捕まえる場合は網が必要になります。

ちょっと離れた場所の魚を狙うときは大きめの網が必要ですが、タイドプールの隙間は小さめの網が欲しいので網は大サイズと小サイズの二つを揃えたいですね。

魚つかみトング

マリングローブで掴むってのもありですが、より安全に生き物を掴むのにフィッシュトングがあっても良いと思います。

釣りもしたりする場合は、針を外す時なんかにも使えます。

満潮・干潮時刻を確認

磯遊びを計画している場合は干潮時刻をしっかりとネットで調べることが大事になります!

干潮・満潮時刻はこちらのサイトで調べることができます。

気象庁 潮位表

ベストな時間は干潮の2時間くらい前からということなので、干潮時刻をしっかりチェックしておいてください。

せっかく磯遊びができる海岸を調べて行っても、行ったら満潮時刻で潮位が高くてまったく磯遊びができなかった(うちのようにw)なんてこともあるのでお気をつけください。

注意したい危険生物

よくテレビなどでも注意したい危険生物として磯で見られる生物が紹介されていますよね。

子供が小さいうちは珍しいものはすぐ捕まえようとしがちなので、できるだけそばにいて注意したいところです。

基本は鮮やかな生き物、トゲトゲした生き物、クラゲは触らないようにって事前に伝えておきましょう。

磯にいる可能性がある注意したい生き物としては、ゴンズイ、ヒョウモンダコ、アカエイ、ハオコゼ、カツオノエボシ、ガンガゼ等が有名なところです。

あとは怪我をする可能性が高いものとしては、フジツボもあるので岩場では気を付けましょう。

ー ゴンズイ ー

ー カツオノエボシ ー

まとめ

磯遊びをする上で、押さえておきたいポイントについて書いてみました。

せっかく海に行くんですからしっかり干潮時に思いっきり遊びたいですよね。

2時間以上かけて行って磯遊びができなかったなんてことにならないようにしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございました☆

ではまた(^-^)/

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。